~ 麗らかな日和 ~

世界が平和になってほしいなー。色々なことを考えつつ、他力本願な私ですが、それでも理想を追い求めたい。理想と現実のギャップは大きいけれど、負けずに頑張ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


\左右クリックしてくれると嬉しいニャ/
krnk_l - コピー



このページのトップへ

カイコ(蚕、蠶)


今日のニュースで皇后さまがご給桑というのがあったので、「蚕」について調べてみました!

(※ちなみに、皇居の養蚕は、養蚕業を奨励しようと明治天皇の皇后、昭憲皇太后が始めたもので、歴代皇后が継承し、平成以降、皇后さまが引き継がれている。とのことです。)




ウィキペディアより

カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。有史以来養蚕の歴史と共に各国の文化と共に生きてきた昆虫。

カイコは家蚕(かさん)とも呼ばれ、家畜化された昆虫で、野生には生息しない。またカイコは、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物として知られ、餌がなくなっても逃げ出さないなど、人間による管理なしでは生育することができない。カイコを野外の桑にとまらせても、ほぼ一昼夜のうちに捕食されるか、地面に落ち、全滅してしまう。幼虫は腹脚の把握力が弱いため樹木に自力で付着し続けることができず、風が吹いたりすると容易に落下してしまう。成虫も翅はあるが、体が大きいことや飛翔に必要な筋肉が退化していることなどにより、飛ぶことはできない。


蚕って……(;_;)



<おおまかな生育過程>

各発生段階のカイコ
kaiko - コピー


①孵化したての幼虫は、黒色でまばらな毛に覆われている。「毛蚕」(けご)や「蟻蚕」(ぎさん)(←アリに似てるので)と呼ばれる。
②桑を食べて成長し、「眠」(十数時間程度の活動停止期)を経て脱皮する。
③脱皮を繰り返してだんだん大きくなり、イモムシのようになる。(幼虫の体色や模様は品種によって様々だが、通常は青白く、頭部に眼状紋が入る。)
④多くの品種は5齢で終齢を迎え、蛹(さなぎ)となる。(蛹化が近づくとクリーム色に近い半透明色に変わる。)
⑤カイコは繭を作るに適した隙間を求めて歩き回る。
⑥口から絹糸を出し、頭部を∞字型に動かしながら繭を作り、その中で蛹化(養蚕家は化蛹(かよう)という。)する
⑦蛹繭の中でカイコの幼虫は丸く縮んで前蛹になり、その後脱皮して蛹となる。蛹は最初飴色で、だんだん茶色く硬くなっていく。
⑧羽化すると、尾部から茶色い液(蛾尿)=絹糸を溶かすタンパク質分解酵素を出して、自らの作った繭を破って出てくる。
⑩成虫は全身白い毛に覆われていて、翅があるが、飛翔能力はない。そして口吻が無いため餌を取ることが無い。
⑪交尾の後、やや扁平な丸い卵を約500粒産み、約10日で死ぬ。


kaikoga - コピー

成虫は…何というか…モフッっていう感じですね。
羽の大きさに対して、体と肢が太すぎる(笑)


成虫になったら蝉のように短い人生なのですね
でも蝉は樹液を吸えるよ~~




で、絹糸をとらなきゃいけないんですけど↓↓
繭は一本の糸からできていて、繭を茹でると糸の端の辺りがほぐれてくるので、それを箸のようなもので掬い取って、何本かを拠り合わせる。茹でる前に羽化してしまった繭は糸が途中で切れてしまって、短い糸しかとれないので、使用には向かないようです。

つまり中の蛹さんは茹でられてしまうというわけですね。
(茹でずに糸をとる方法はないんだろうか?)


日本の養蚕農家の多くは、それらの蛹を、鯉、鶏、豚などの飼料として利用し、現在でもそのままの形、もしくはさなぎ粉と呼ばれる粉末にして、魚の餌や釣り餌にすることが多い。そうです。


食用としても用いられているようなのですが、そのあたりは割愛します。
(芋虫形の食品は気持ち悪くて、画像などを見ると拒否反応が出るため)
まあ、「粉末状にした上でクッキーに混ぜて焼き上げる」なら食べられそうですけど、原形のままは無理!



無駄にはされてないんだろうけど、
蚕ってちょっと可哀想だなぁと思った私です^^;



スポンサーサイト


\左右クリックしてくれると嬉しいニャ/
krnk_l - コピー



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
おかいこさま

半分群馬人ですので「おかいこさま」と呼んでおります。
バアちゃんちの近所にもおかいこさまを飼ってゐるところがありまして、子供の頃よく見学に行きました。
今はシルクユーザーですんで、おかいこさまは神です!!

Time comes round | URL | 2013-05-22(Wed)12:36 [編集]

Re: おかいこさま

たくさん飼育していると、桑の葉を食べる音が聞こえるらしいですね。
シルクの肌触りって気持ち良いですし、やはり「おかいこさま」に感謝して使わないとですね><

ウララシカ | URL | 2013-05-24(Fri)07:14 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。