~ 麗らかな日和 ~

世界が平和になってほしいなー。色々なことを考えつつ、他力本願な私ですが、それでも理想を追い求めたい。理想と現実のギャップは大きいけれど、負けずに頑張ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


\左右クリックしてくれると嬉しいニャ/
krnk_l - コピー



このページのトップへ

3枚おろし

この間、親戚の人からアジ(魚)をいただきました。
内臓だけ取り出してあって、あとはそのまま魚の形でした。



アジ(魚の状態↓)
00144.jpg


普段はスーパーで既に捌いてある魚をを買ってくるので、
私は魚を捌いたことがありませんでした。

アジの開き↓
maaji3.jpg


でも、テレビで魚を捌いてるシーンを見たことはあったので、何とか見よう見まねでできるんじゃないかな~と思い、自分で捌いてみることにしました


よく聞く3枚おろしというものに挑戦してみたんです


で、ここからその工程を書いていきますが、
私は決定的な思い違いをしています。
イヤイヤイヤと思うでしょうが、ツッコミは最後で!!

まず頭部を切りました。
次に尾も切りました。(←本当は尾は切らないようです)
ここまでは簡単

内臓は取ってあったので、お腹の方から包丁を入れて、
骨の上から上半分を切り取りました。
ふむふむ。ちょっと骨に身が残っちゃったけど、まあOKでしょ

で、次にひっくり返して、もう片方を切り取ると…。
む、こっちの方が難しいな。
変なところに骨があって、上手く切り取れないな~。

何とか切り取ってはみたものの、だいぶ身が骨に残ってしまいました

そこで勘違いウララシカは疑問に思います。

あれ?3枚おろしなのに2枚しか食べるところがない!
なんでだ?後はどこを切り取るんだ??


…考えた結果、

この骨に残っている部分をキレイに切り取れば、3枚目ができるに違いないという結論に達しました。

私の切り方では身がバラバラで、その集合体で3枚目となるけれども、プロはきっとキレイに3枚目を切り出すに違いない!うんうん。きっとそうだ

というわけで、ちょこちょこ骨から身をそぎ取って、3枚目としました(笑)


で、その後料理したのですが、小骨が多く残ってしまい、とっても食べにくかったです
父曰く、「あれはそのまま焼いてよかった。その方が骨も簡単にとれた。」
とのことです… 頑張ったのに…。
ちょっと シュン っとなったウララシカでした。



その翌日、私は妹に3枚おろしについての疑問をぶつけてみました。
(妹は高校が家政科で、料理の基本を知っているのです。)


「ねえねえ、3枚おろしってあるじゃん?」

「うん。」

「あれってどうやったら3枚できるの?」

「え?」



「上と下で2枚でしょ?あともう一枚はどこの部分??」





「え~~!!!何言ってんの?!3枚おろしっていうのは、身が2枚と残りの骨で3枚なんだよ~ 知らなかったの?超うける(笑)」



(°Δ°)……。
ナンデスト?
ホネ?…デモホネハタベラレマセンヨ?




食べない部分も含めて3枚かいっ!ヾ(`▽´#)


3枚おろしというネーミングに不満を感じるウララシカなのでした(笑)


ちゃんとした3枚おろしの動画


スポンサーサイト


\左右クリックしてくれると嬉しいニャ/
krnk_l - コピー



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
確かに

わちきも料理苦手なのでその事実を知った時は衝撃でした…
このネーミングつけたやつ出てこい! てなカンジですわな(^_^;)

Time comes round | URL | 2013-04-12(Fri)07:03 [編集]

Re: 確かに

間違えても仕方ないネーミングですよね~(笑)

ウララシカ | URL | 2013-04-12(Fri)17:00 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。