FC2ブログ

~ 麗らかな日和 ~

世界が平和になってほしいなー。色々なことを考えつつ、他力本願な私ですが、それでも理想を追い求めたい。理想と現実のギャップは大きいけれど、負けずに頑張ります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


\左右クリックしてくれると嬉しいニャ/
krnk_l - コピー



このページのトップへ

財・務・省!!


ちょっと今日は下記のブログを読んで怒りが沸いたので

パチンコ屋の倒産を応援するブログより

以下引用

~省略~

財務省が日本がぶっ壊れようと増税で自分達の省益を拡大する事。

財務省はこれしか考えていないと言ってよいでしょう。
そのために国税庁を使って気に入らない連中を黙らせ
逆に本人も認める明らかな脱税行為について
味方として利用できるからと不問にする。

そういうことをやってきたのが財務省です。

これで税の公平性だのと言っているのですから呆れるしかありません。

財務省から国税庁を引きはがす必要があるとブログ主は考えていますが、
財務省はマスコミまでを巻き込んで巨大な力を持っています。


以前、財務事務次官だった木下康司を批判するエントリを書きましたが、
http://ttensan.exblog.jp/19717523/

政治家の影にかくれてこそこそと増税を主導してきたのは間違いなく財務省です。

そして批判、不満はその時の政治家にぶつけさせ
自分達は新たに利権を確保して天下りと渡りを繰り返す
という事が続けられてきました。

ゆえにブログ主は財務官僚こそ日本の敵であると
そういう世論が強くなることを望みます。

そうして財務省官僚に日本国民からの敵意が向くことで
やっと政治家は財務省にメスを入れる事ができるようになるでしょう。

今までは反日マスコミが情報を独占していて
世論を操作することで議員を次々に失脚させ
時には自殺するまで追い詰めていました。

マスコミが情報を独占支配している時には
朝日新聞が今ほど窮地に立たされるようなことはありませんでした。
ネットの普及によって流れが変わったのです。

消費税が5%に上がってから自殺者が増え、長く自殺者が3万人台を続けていました。
財務省が殺したも同然です。


ところが財務省は省益のために消費税を上げることしか考えていません。
(財務省がお目こぼしできる範囲が広がるほど財務官僚の天下り先が広がる)

極端な言い方をすれば財務省は人殺しです。
日本人が死のうと省益が第一。

だからこそ、増税を止めるためには
財務省、財務官僚こそが日本国民の敵であると広く周知される必要があります。

財務省とて一枚岩ではありませんが、
少なくともずっと権力を握ってきた主計局は増税しか考えていません。

「増税を進める財務官僚討つべし」

この空気ができあがれば政治は財務省にメスを入れざるをえなくなりますし、
また、財務官僚の悪事も週刊誌などで報じやすくなるでしょう。
当然、財務省の御用コメンテーターとなっているテレビ芸人たちも
簡単には財務省の代弁を続けにくくなります。

政治家は落選すればただの人です。
ですからその時その時の政治家が敵なのではなく
次々と寄生先を変えて動き続けている財務官僚こそ標的とすべきです。



引用終わり


ぐぬーっ、どうにかできないものか(`~´)
国民に財務省に対する不信感や怒りがもっと広まって、議論になればいいのに!!
スポンサーサイト


\左右クリックしてくれると嬉しいニャ/
krnk_l - コピー



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。